本文へスキップ

ダイキチ☆デラックス〜音楽,本,映画のオススメ・レビュー

ウルトラ6兄弟vs怪獣軍団 HANUMAN POB JED YODMANUD

[監督]東條昭平  1974年

仏様を大切にしろ!大切にしない奴は死ぬべきなんだ!

 タイではウルトラマンは何故か、かなりポピュラーでして、私がタイへ行ったときもテレビで『ウルトラマンA』のチャリンコ軍団大襲来でおなじみの「超獣は10人の女?」を放送していましたよ。しかも吹き替えで。北斗星司がタイ語を喋っているとジャッキー・チェンの映画を見ているみたいな気分になるのよね。おまけにオリジナルじゃ喋っていないはずのエースがぺらぺら喋ってやんの。あれ、なんて言っていたんだろう?さて、本作は、タイとの著作権問題が何かとややこしい合作作品。なかなかに狂っています。そもそもウルトラ6兄弟なんて殆ど出てこない。まるで出てこない。本編の主役はあくまで白猿ハヌマーンなのです。

 突如、太陽の活動が激しくなり、燃えさかる炎となって、地球に接近し始めます。焼けるような太陽が降りそそぐタイ国の寺院の広場では、伝説の神、白猿ハヌマーンの面をかぶった少年コチャンと友達のアナンダ2人による雨乞いの踊りが狂ったように行なわれていました。しかし、その踊りが最高潮になったとき、三人の盗賊が寺院に侵入し、黄金の仏像の首を奪い、立ちむかってきたコチャンの眉間をぶち抜いて(この死に方がスゴイので必見)逃走します。宇宙の彼方、M78星雲、ウルトラの星で高見の見物をしていたウルトラの母と6兄弟は、勇気あるコチャンの死を哀しみ、そっと地球に手を差しのべ、コチャンの死体にハヌマーンの魂を招き与えます。見ていたのなら殺される前に助けてやれよとか思うのですが、伝説の英雄ハヌマーンになれたのだから、よしとしましょう。少年はハヌマーンに変身して正義のために戦います。伝説の英雄ったって所詮エテ公ですから変身ポーズは、うほうほ猿踊り(でも効果音はセブンの変身と同じ)。ハヌマーンになった少年は、とりあえず仏像泥棒をぶち殺し、喜びのうほうほ猿踊り。ちょうどその頃、ドーナ第七ロケット基地においても、地球の異常事態を救うため、人工降雨ロケットの実験準備が進められていましたが、全然埒が明きません。そこで、日照りから国を救うため、太陽に直談判しに出かけます。太陽と話はつけたのだけれど、なんだかんだで怪獣が現れて、ここでやっとウルトラ兄弟が登場、猿と一緒に戦います。最後はウルトラ兄弟と猿が握手してめでたしめでたし。

 これを殆ど勢いだけで見せます。円谷プロの使いまわしの衣装(どの番組の衣装かなんて関係なし。ウルトラシリーズだけでなく、ミラーマンやファイヤーマンも使い回し)を着たタイ人俳優の演技も爆笑、全編日本語吹き替えで異国情緒もバッチリです。驚くべきは、仏像泥棒3人組の中の1人が悪の組織の大首領の力で甦り、本作で人工降雨ロケットを開発していた博士を誘拐、怪人を作らせるという続編『ハヌマーンと5人の仮面ライダー』が作られていること。『五人ライダー対キングダーク』の配給権を得たのをいいことに、勝手に新撮・編集を行ったので日本未公開かつ非公式作品ですが、是非一度見てみたいものです。



メニュー

  1. トップページ
  2. 特選名曲
  3. 特選名著
  4. 特選名画
  5. ヴァイブの殿堂
  6. PROFILE
  7. BLOG
  8. BBS
  9. LINK

おすすめ情報