本文へスキップ

ダイキチ☆デラックス〜音楽,本,映画のオススメ・レビュー

地獄

[監督]中川信夫 [出演]天知茂、三ツ矢歌子、沼田曜一、嵐寛寿郎  1960年

ひたすら「許してください」という天知茂。でも許されない。

 もぉ、これ以上ないと言うほどにイヤ〜な気分と「なんじゃこりゃ?」の異様な感覚を与えてくれる稀有な逸品。とにかく沼田曜一がすごい。素晴らしい。この人だけ追って見るのが大正解。

 仏教大学の学生で詰襟姿の天知茂(髪もふさふさ)は、恩師の教授の一人娘、三ツ矢歌子と婚約し、楽しい時を過ごしていた。ある夜、同窓の沼田曜一に車で送ってもらう途中、沼田は酔っぱらったヤクザを轢き逃げする。たまたま同乗していただけなのに良心の呵責に苛まれた天知だが、自首するために歌子と乗ったタクシーが事故を起こし、歌子は死んでしまう(タクシーの運ちゃんも死にました)。そこへ、実家の母が危篤になったとの知らせが届いて、父の経営する養老院へ帰郷する天知だが、父は病の母が寝ている隣で愛人といちゃつく始末。その愛人に色目を使われる天知は、歌子にそっくりな三ツ矢歌子2号(二役)に仄かな恋を憶える。そんなある日、養老院に、轢き逃げされたヤクザ泉田の情婦が復讐にやってきて、なんだかんだで勝手に転落死。そこからは死のつるべ打ち、いきなり現れた沼田は橋から落ち、病の母は容体急変で死亡、更に傷心旅行にやって来た歌子の両親は鉄道自殺。天知の父は養老院の食費をケチって集団食中毒を引き起こすわ、愛人が天知に言い寄ったのに腹を立てて愛人をぶち殺すわの極悪非道。天知は復讐にやってきたヤクザの母に首を絞められ、歌子2号は死んだと思われていた沼田に撃たれて死亡。その他の登場人物は、ヤクザの母に毒を盛られて全滅するのでした。

 一応、地獄がメインの映画なのだが、現世で天知が酷い目にあっている方がよっぽど地獄である。なにしろ轢き逃げの罪を着せられ自首に行く途中でカノジョは死に、そのせいでカノジョの母親は発狂、挙句に自殺、帰郷すれば父は極悪、母は病死、実は異父妹だった歌子2号と近親相姦未遂、復讐にやって来た轢き逃げ被害者の情婦は勝手に死ぬし、被害者の母のせいで関係者は全員死亡である。天知茂を襲う不幸はほとんどが不可効力というか、要するに自分に責任なんかないことが大半を占めていて、なんで地獄に落ちなきゃいかんのか、それ自体良く分からない。可哀想と言えば、これ以上可哀想な境遇はないのである。また、出てくる連中が、いろんな悪事を働いていて、地獄行きの片道切符を持った奴ばっかり。もちろん、キッチリ地獄へ行ってくれるわけですが、この程度のことで地獄に行かなきゃならないのだとしたら、天国に行ける条件ってなんなのだろう? 三ツ矢歌子って、何か罪を犯していたかしら? 結婚前に身ごもっていたことが罪なのか。で、その赤ん坊も地獄に落とされているわけだから、非情にも程がある。歌子2号に至っては、何もしてないぞ。異父兄妹だって知れたのも地獄に落ちてからだから、一番可哀想だ。とにかく、この前半の現世の部分だけで生きていく活力を失わせるに充分なパワーを持った映画。見てしまった私が一番不幸なのかもしれない。

 一転、地獄編に入ってからは、若山弦蔵が渋い声でいくらがんばったところで気色の悪いチープな画面の連続というだけで中身はそれほど酷くはない。三途の川や、賽の河原などの地獄名所めぐりをしながら水子となった我が子を探すという、気分の滅入る展開です。閻魔大王役で嵐寛寿郎が出ていることをはじめ、不条理極まる展開の後、三ツ矢歌子が二人出てきて(二役だから)、ニコニコ笑ってパラソルを回しながら昇天していくというラストは、観客を理解不能の世界に突き飛ばしてくれます。私は、いまだに理解できません。結局、水子がどうなったのかも、よく分かりません。なんて不憫な子供でしょう。



メニュー

  1. トップページ
  2. 特選名曲
  3. 特選名著
  4. 特選名画
  5. ヴァイブの殿堂
  6. PROFILE
  7. BLOG
  8. BBS
  9. LINK

おすすめ情報