本文へスキップ

ダイキチ☆デラックス〜音楽,本,映画のオススメ・レビュー

女囚さそり 第41雑居房

[監督]伊藤俊也 [出演]梶芽衣子、白石加代子、賀川雪絵、渡辺文雄  1972年

ひたすらに地獄で牙研ぐさそり

 クール・ビューティ梶芽衣子、いやいや、本当にキレイです。この美しい顔が見られるだけでも価値がある「さそり」シリーズ2作目なのですが、その梶芽衣子は、ほとんど喋りません。ひょっとしたら台詞がないまま終わるのではないかと思うほどに喋りません。喋っても文章というより単語程度で、『カリオストロの城』の五ヱ門並みです。

 梶芽衣子が地下牢に投獄され一年が経った。ある日、芽衣子は、刑務所長・渡辺文雄の栄転祝賀パーティーで、お祝いに片目(ちなみにもう一方の目は前作で潰された)を刺して全盲にしてやろうと、研いだスプーンを持ってカエルジャンプ。目玉ブッ刺しは失敗するが、来賓の法務省巡閲官、戸浦六宏がビビッてオシッコじゃじゃ漏れ、女囚達にズボンを脱がされ昇天。面目丸潰れの渡辺は、懲罰を加えたうえ、看守たちに輪姦指令。しかし、芽衣子は、腰の軽くなった看守の小松方正と阿藤快をぶち殺し、女囚のボス白石加代子らと共に脱走。女囚達は、強姦大好き小林稔侍達が乗った観光バスを乗っ取り逃避行。しかし、行く手に渡辺と警官たちがいるのを知った加代子らは芽衣子を囮として突き落す。「あたしを売ったね……」これが、本作初のセリフの梶芽衣子。

 まず、戸浦六宏のおしっこ垂れちゃんで軽くジャブを放った後、小松方正が映画史上に燦然と輝く可哀想過ぎる最期を遂げるのが最初の見所です。全裸に剥かれ、股間に丸太を突き立てられ、半笑いで死んでいる小松方正。いくら「ハクいスケ」を抱けたからって、そのすぐ後にこのザマじゃたまりません。そして、脱走途中で辿り着いた無人の部落で語られる6人の女囚それぞれの背負うドラマの暗くて重いこと。連れ子いびりの男を殺した荒砂ゆき、不倫相手の妻を毒殺した色情狂の八並映子、レズビアンの放火魔、伊佐山ひろ子、売春婦の賀川雪絵、てて親殺しの石井くに子、そして、許せない夫の血が流れているという理由で、稚児を鍋で煮て殺し、腹の中の胎児を切腹して始末した白石加代子。とにかく白石加代子が怖すぎる。さすが早稲田小劇場で「狂気女優」と称されただけのことはあり、この人が語るだけで、どんな罪を犯したかとか関係なく怖い。アングラ女優魂を見せつけて、さすがの梶芽衣子も食われ気味です。残酷血まみれ映画なのですが、強姦シーンで川が真っ赤に染まったり、女囚達が突如新宿副都心を走りまくったりといろいろ見どころも多く、東大卒の左翼監督、伊藤俊也のなんだかアートでシュールな演出とともに印象に残りまくるシリーズ最高傑作です。

 続く第3作『女囚さそり けもの部屋』では、成田三樹夫の腕をぶっちぎった挙句、そのままくわえて街中を疾走という機関車仮面並みのインパクトのあるオープニングや、ショッカーの改造人間(しかも初期)みたいなけばけばしいメイクで登場し、カラスなんか飼ったりして凶悪この上ない李礼仙(あれが姑じゃ苦労するぜマルシア)と、本作に負けず劣らず大傑作なので、併せて見ましょう!



メニュー

  1. トップページ
  2. 特選名曲
  3. 特選名著
  4. 特選名画
  5. ヴァイブの殿堂
  6. PROFILE
  7. BLOG
  8. BBS
  9. LINK

おすすめ情報