本文へスキップ

ダイキチ☆デラックス〜音楽,本,映画のオススメ・レビュー

快盗ブラック・タイガー FA TALAI JONE

[監督]ウィシット・サーサナティヤン [出演]チャッチャイ・ガムーサン、ステラ・マールギー 2000年

泣いているのはトムヤムクンが辛いからさ

 太平洋戦争の頃、バンコクを逃れ、のどかなスパンブリ村に疎開してきた裕福なステラ一家。村長を父に持つチャッチャイは、不良に絡まれていたステラを額に旗本退屈男みたいな深い傷を負ってまで助けるが、村人からはステラを危険な目に遭わせたと誤解され、厳しい折濫を受ける。反論もせず、ただ苦痛に耐えるチャッチャイに感謝の気持ちを示そうと、ステラは自分の名を刻んだ銀のハーモニカを彼に手渡すのだった。それから9年後、バンコクで大学に通っていた2人は運命的な再会を果たし、友情は恋へと発展するが、幸せは長くは続かなかった。チャッチャイの父が、村長の座を狙う盗賊一味に惨殺されたのだ。復讐を誓ったチャッチャイは、地元の悪党集団ファーイ一味に加わり、ついに「黒い虎」の異名で怖れられる存在となった。一方、ステラの父は、村から悪党一味を一掃する使命に燃えるガムジョン警部に娘を嫁がせようとしていたが、どんくさいガムジョンはファーイ一味に捕えられてしまう。彼がステラの婚約者だと知ったチャッチャイは、わざとガムジョンを逃がすが、そのために裏切り者として命を狙われる羽目になる。致命傷を負ったかに見えたチャッチャイの命を救ったのは、幼い日にステラから贈られたハーモニカだった。ステラへの愛を再確認したチャッチャイは、彼女の住む故郷の村へと向かうが……。

 これは往年の日活映画(ポルノじゃないよ)を髣髴させるタイのアクション映画。すれ違いメロドラマの王道といった感じの、ありがちと言えばありがちな話ですね。大映テレビみたいなコテコテな展開で、こういうストーリーって、タイ映画だけにバンコク共通なのね←壮絶オヤジギャグ。では、何に注目するかというと、それは色使いです。とにかく色使いがすごい。カラフルなんて表現じゃ、とても追いつきません。総天然色の極彩色。爆裂する原色。目がチカチカします。あてもん屋(これって全国共通?)とか縁日とかで売っているような体に悪い駄菓子を想像してもらうとイメージが近いです。これを「チクロ・カラー」と名づけよう。若い人のために説明しておくと、「チクロ」というのは、発癌性の疑いから1969年(私の生まれ年だ!)に使用禁止になった人工甘味料のことである。やっぱり映画は映像で魅せてくれないとね。ドラマの中身よりも、映像が、色が見る者を侵食する、そういう類の映画です。

 で、このポスターを見てください。すごい色でしょ。映画は全編こんな感じです。はて、どこかで見たようなチラシやなぁと思っていたけれど、今、思い出しました。ウォーレン・ビーティーの『ディック・トレイシー』に似ているんですよ。あれは、特殊メイクがすごすぎて、せっかくの豪華キャストが台無しという酷い映画でしたけれどね。あの映画の原作はマンガでしたが、本作も良い意味で極めてマンガチックな雰囲気を漂わせた作品です。



メニュー

  1. トップページ
  2. 特選名曲
  3. 特選名著
  4. 特選名画
  5. ヴァイブの殿堂
  6. PROFILE
  7. BLOG
  8. BBS
  9. LINK

おすすめ情報