本文へスキップ

ダイキチ☆デラックス〜音楽,本,映画のオススメ・レビュー

キル・ビル Vol.1 KILL BILL Vol.1

[監督]クエンティン・タランティーノ [出演]ユマ・サーマン、ルーシー・リュー、千葉真一  2003年

ヤッチマイナー!

 ひとりの女が、4年間の昏睡状態から奇跡的に目を覚ます。彼女の名はユマ・サーマン。かつて世界を震撼させた暗殺者集団「毒ヘビ暗殺団」で最強と言われたエージェントだった女。彼女は自分の結婚式の最中に、かつてのボスで元恋人デイヴィッド・キャラダインとその手下たちに襲われ、夫も参列者も皆殺しにされた。彼女は凄惨なリンチにより、4年間の昏睡状態に陥るほどの重傷を負わされ、腹の中に宿っていた子供も死んだ。目覚めたユマには、復讐の二文字しかなかった。自分を不幸のどん底に突き落とした全ての人間を血祭りにあげなくては。昏睡から目覚めたユマ・サーマンは病院を抜け出し、ナイフの使い手、ヴィヴィカ・A・フォックスを手始めに復讐を開始する。そして沖縄へ飛び、服部半蔵ことサニー千葉から刀を手に入れ、東京へ向かう……。

 タイトル前から香港のショウ・ブラザーズのトレードマークを流すなど、いろんなところで「タランティーノ趣味爆裂」だの「オタク向け」だのと言われている以上の飛ばしっぷり。ユマ・サーマンが着ている黒いライン入りの黄色い服は、ブルース・リーが『死亡遊戯』で着たトラックスーツ(アシックスのスニーカーまで!)だし、栗山千明は『片腕カンフー対空飛ぶギロチン』の怪鉄球を振り回すし、ルーシー・リューが白い着物で雪の日本庭園で戦うのは『修羅雪姫』だしと、元ネタが分かるのか心配になるほどのアジア映画マンセーぶり。更に、千葉ちゃんに『影の軍団』の服部半蔵をやらせて、『柳生一族の陰謀』の「神に会うては神を斬り、仏に会うては仏を斬れ」を言わせたり、『子連れ狼 三途の川の乳母車』『直撃地獄拳 大逆転』由来の異常な血しぶき、飛び出す臓物といった超絶バカ残酷描写を再現したりとやりたい放題。挙句の果てには、異様に赤い夕焼けが『吸血鬼ゴケミドロ』由来だったり、ルーシー・リューの役名「オーレン石井」が、『影の軍団W』の志穂美悦子の役名「お蓮」と、タランティーノの好きな石井隆、石井聰互、石井輝男監督から取られていたり、本作を深作欣二監督に捧げたりと、日本に帰化すればいいのにと思うほどの愛情を感じさせてくれます。

 もっとも、こんなことを何一つ知らなくたって、普通に見に行って十分楽しめる映画です。私としては、大葉健二の出演が嬉しかった。ボイサーとギャバン(スペシャル版仕様の禿げ頭)の共演が見られるなんて思わなかったです。後編『キル・ビル Vol.2』では、大葉健二が渡辺宙明のBGMに乗って殺陣をやってくれるかと期待したのですが、そんなことはなく、タランティーノ自身が「アクションを抑えた」と言うとおり、いささか期待外れな出来になってしまいました。エンディングが梶芽衣子の「怨み節」だったのは素直に嬉しかったですけれどね。

 それにしても、映画秘宝のアートディレクター高橋ヨシキが勝手に作った、このポスターの素晴らしさはどうでしょう。70年代東映映画のにおいがプンプンする出来に配給のギャガはかんかんに怒ったそうですが、タランティーノは狂喜乱舞、頼みもしないのにポスターにサインし、自宅に貼っているらしいです。どうせなら、これをオフィシャルにしてくれればよかったのに、と本気で思う私は変態なのだろうか。



メニュー

  1. トップページ
  2. 特選名曲
  3. 特選名著
  4. 特選名画
  5. ヴァイブの殿堂
  6. PROFILE
  7. BLOG
  8. BBS
  9. LINK

おすすめ情報