本文へスキップ

ダイキチ☆デラックス〜音楽,本,映画のオススメ・レビュー

ろくでなし稼業

[監督]斉藤武市 [出演]宍戸錠、二谷英明、南田洋子  1961年

生まれついてのろくでなし 自慢じゃないがろくでなし

 エースのジョーこと宍戸錠、初主演作品。ダンプガイこと二谷英明とのW主演で送る痛快コメディ・アクション!腕と度胸とハッタリで金を稼ぐろくでなしの二人(ルパンと次元みたいにコンビを組んでいるわけじゃない)が、悪い金子信雄と小沢栄太郎をやっつけるぞ!

 駅前食堂で食い逃げをやってから仲良くなった風来坊のろくでなし錠と二谷。用心棒の仕事を探して町の名士である小沢弁護士を訪ねるがあっさりと追い返されてしまう。腹いせに港で荒くれ男を叩きのめしていた二人に目をつけた地元の海運会社、大栄海運の社長、金子は二人に船の爆破を依頼する。金子は先代の社長亡き後、会社をのっとり保険金詐欺を繰り返していたのだ。見事仕事を成功させる二人だったが、報酬を分ける時、二谷は拳銃を抜き、金を一人占めにして姿をくらましてしまう。仕方なく大栄海運の事務所に厄介になることにした錠だったが、大栄海運では、本来の仕事がなくなってしまった船長と娘の吉永小百合が、先代の息子が町へ帰ってくるのを待ち望んでいた……。

 日活アクションなので、難しい理屈抜きに楽しめる娯楽の王道です。あらすじだけを読んでいると南田洋子が何の役だかサッパリ分かりませんが、金子信雄の情婦でバーのマダムです。宍戸と塩ラーメンを食べてキスしたりしますが、南田洋子の若い頃(ちなみにジョーと同い年)は、『十代の性典』の売春女子高生役で売れたので、日活映画でもこんな役ばっかりで、『ミュージックフェア』とか『かたつむり大作戦』しか知らないヤングはビックリです。それと、どこからどう見ても悪役の金子信雄と小沢栄太郎が素晴らしい。金子は、ちょっと小心な情けない悪役やらせたら天下一品だし、小沢の心底悪そうな顔も悪徳弁護士(役名が腹黒さ丸出しの「大田黒」)にピッタリはまっている。この分かりやすすぎる敵役に、ジョーとともに立ち向かうのが二谷英明。日活アクション俳優の中では年長だった(二谷は1930年、錠が1933年、タフガイ石原裕次郎が1934年、マイトガイ小林旭が1938年、トニーことクールガイ赤木圭一郎が1939年、やんちゃガイ和田浩治とナイスガイ高橋英樹が1944生まれ)からか、優しそうな顔立ちが災いしたのか、他の映画ではもっさりして、あんまりパッとしない二谷ですが、ここでは弾けた魅力を振りまいています。『特捜最前線』からは想像もつかない軽い三枚目演技は必見です。

 とにかくジョーと二谷のコンビネーションが最高で、明るくさわやか、じめじめしたところのない稀有な作品に仕上がっていて、劇中、ジョーが船の上で気持ち良く歌っているときに、二谷が「おい!下手糞な歌は終わったかい?」なんて言っちゃうシーンは爆笑です。初主演映画で主題歌を歌う、まさにスターのためのシーンなのに、あんまりです。人のこと言えるのか二谷。でもジョーも言われても仕方ない歌唱力。おまけに主題歌「ろくでなしの唄」は、どうしても藤田まことの「てなもんや三度笠」に聞こえて仕方がない。日活アクションで、こんな曲調はアリなのか?なんと助監督には、後にロマンポルノ路線に移行した日活でエース級監督となった(ショーケン主演の『青春の蹉跌』という普通の映画も撮っています)神代辰巳がついています。脇役で出ている若かりし頃の吉永小百合(当時16歳!)が可愛いですなぁ。



メニュー

  1. トップページ
  2. 特選名曲
  3. 特選名著
  4. 特選名画
  5. ヴァイブの殿堂
  6. PROFILE
  7. BLOG
  8. BBS
  9. LINK

おすすめ情報