本文へスキップ

ダイキチ☆デラックス〜音楽,本,映画のオススメ・レビュー

ごろつき犬

[監督]村野鐵太郎 [出演]田宮二郎、天知茂、水谷良重、江波杏子  1965年

安心せぇ、みね撃ちや!

 ハジキ大好き兄ちゃん田宮二郎は、キャデラックを乗り回す美女(?)水谷良重に誘われて、白浜温泉でお正月。明けましておめでとうってなもんだが、餅も体も食い飽きた、かくし芸大会も見飽きた田宮に、良重はボディガードを頼んだ。ヤクザのボス根上淳に狙われているというのである。そんなもん、こっちから仕掛けに行ったったらええねんと、ヤクザの組に潜り込むべく大阪に戻る田宮。そこへ、顔見知りのショボクレ刑事天知茂から、同僚を殺したヤクザのボス根上淳を捜してくれと頼まれる。ありゃ、一石二鳥ね、というわけで、ヤクザの組にアッサリ潜入した田宮だったが……。

 田宮二郎と言えば『白い巨塔』の財前五郎役が生涯の当たり役。特にテレビ版後半の鬼気迫る演技には釘付けになったものですよ。その他『黒の試走車(テストカー)』、『黒の切り札』、『黒の超特急』等の「黒」シリーズでクールな二枚目というイメージが固まっていますが、『クイズ・タイムショック』の司会でも分かるように、爽やかイメージを前面に出した役もあります。有名なところでは『悪名』シリーズの勝新太郎の相棒、モートルの貞(第2作で死んじゃったので、第3作からは貞の弟、清次)役でしょうか。しかし、ここに陽性の魅力をレッドゾーンまで振り切った主演作があります。これぞ「犬」シリーズ、全9作!これを見ずして田宮二郎は語れない!これこそ田宮の最高傑作シリーズだ!とにかくカッコイイ!イカス!住所不定、無職、拳銃の腕前は超一流(曲芸みたいな撃ち方を披露)、女にゃモテモテ(自称)、おしゃれな衣装に身を包み、そして義理人情に厚いトッポイ野郎、鴨井大介。この名前を覚えておきなさいね。日本映画史上に残るヒーローの名前なんですから。その鴨井が、毎回、なんやかんやで事件に巻き込まれて、なんやかんやで暴力団を壊滅させちゃう痛快・爽快アクション!こんなに陽気な田宮二郎、他ではお目にかかれないぜ!

 そして共演の天知茂が、これまたイイ!クールな二枚目、ニヒルでハードボイルドが代名詞の天知が、うどんが好物で、コロンボみたいなよれよれのコートを着たしょぼくれ刑事を好演しています。こんなトボケた役もハマりにハマっており、残念ながらシリーズ全作には登場していない(出ているのは、第1作『宿無し犬』、第3作『ごろつき犬』、第5作『鉄砲犬』、第6作『続鉄砲犬』、第8作『早射ち犬』、第9作『勝負犬』)けれど、田宮との関西弁での掛け合いは爆笑必至です(ちなみに天知の関西弁は上手くはない)。田宮は京都出身なので、関西弁のワイズ・クラックが実に素晴らしくかっこいい。いつも出てくる坂本スミ子(どれだったか忘れたけれど、「♪ そりゃそうだわねぇ〜」と歌い踊っていたのが忘れられない)といい、関西お笑いテイストも満載で、さすが原作・脚本は藤本義一。とにかく損はさせないから絶対見なさい!



メニュー

  1. トップページ
  2. 特選名曲
  3. 特選名著
  4. 特選名画
  5. ヴァイブの殿堂
  6. PROFILE
  7. BLOG
  8. BBS
  9. LINK

おすすめ情報