本文へスキップ

ダイキチ☆デラックス〜音楽,本,映画のオススメ・レビュー

片腕マシンガール

[監督]井口昇 [出演]八代みなせ、亜紗美、西原信裕、島津健太郎  2007年

八代みなせ!とにかく八代みなせ!

 エロなムードがグッとくる八代みなせは、スポーツが得意で明るい女子高生。かつて両親が殺人容疑を掛けられ自殺に追い込まれたせいで、家族は弟の川村亮介だけだが、慎ましくも幸せに暮らしていた。しかし亮介は中学校で容赦ないいじめを受けており、ついに命を落としてしまう。警察は亮介の死を自殺として処理したが、誰かが弟を殺したのではないかと不審に思うみなせは、亮介が遺した「殺したい奴」ノートを発見、そこに記されたクソ野郎の家を訪ねる。クソ野郎のモンスターペアレンツに左腕を天ぷら油でサクッと揚げられ大火傷しながらも復讐はバッチリ果たし、ついでに服部半蔵の血を引くヤクザの息子・西原信裕が主犯であると突き止める。ヤクザの本拠地に乗り込むみなせだが、西原の父・島津健太郎と母・穂花の残虐非道な拷問を受け、天ぷら腕を切断されてしまう。辛くも脱出したみなせは、西原のいじめで息子を失った母親・亜紗美を訪ね、その夫で自動車整備工の石川ゆうやが日曜大工で作った鋼鉄の腕「ハンド・マシンガン」を装着してライダーマンと化し、ライダー恒例の特訓を開始する。みなせに協力したばかりに旦那をヤクザの忍者軍団に殺された亜紗美も、みなせとともに復讐に立ち上がるのだった。

 監督は、AV監督を経て、後にリメイクの何たるかを把握しきった大傑作『電人ザボーガー』を撮る井口昇。主演は、後にライダー映画史上に残る大傑作『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』に羽原レイカ(ヒート・ドーパント)役で出演し、ふとももを坂本浩一監督に舐めるように撮られたカワイコちゃん、八代みなせ(どうやら坂本監督は、本作を見て八代起用を決めたらしい。こんなのをチェックしてるなんてさすがだ)。坂本感得はじめ彼女にならいたぶられたいと思う男子は多いはずだ。共演は、元AV女優だが井口監督と組んだ『おいら女蛮』のせいでピンキーバイオレンス女優に転身、井口作品の常連となる亜紗美(ぶっちゃけ出世かどうかは微妙なところ)。この二人でコンビを組むんなら、八代みなせと亜紗美のレズ描写があってしかるべきだと思うのだが、八代側のガードが堅かったのか、残念ながらそういうエロ描写はありません。なお、亜紗美単独のエロ描写もなく、エロ要素という点では実に、実に残念至極な仕上がり。見たいぞレズ!ホモはダメだ、画面が醜くなるから。

 しかし、八代みなせは何故かエロはダメだがグロはアリだったらしく、必要以上の血しぶきと男気がほとばしる血まみれ残酷アクションの快作となっています。北米で日本のアクション&バイオレンス映画の輸入を手掛けてきたビデオメーカーが製作しただけあって、ヤクザ、テンプラ、ニンジャとジャパニーズな要素や、マストアイテムのチェーンソーをはじめ、ドリルになる鋼鉄のブラジャー、空飛ぶギロチンとオタクのハートを鷲掴みにするアイテムがてんこ盛り。みなせに殺されたいじめっ子どもの身内が遺影プロテクターを装着して「我ら、スーパー遺族!」と名乗って襲ってくるなど社会派のふりをしたバカ描写も光っています。敵が服部半蔵の末裔のわりにはキャラが弱かったのが残念だけれど、古の東映映画やタランティーノ作品が好きな人なら絶対に見ておくべき作品。しかし、惜しいなぁ……これにエロさえ加わっておれば最強無敵だったのに(←しつこい)



メニュー

  1. トップページ
  2. 特選名曲
  3. 特選名著
  4. 特選名画
  5. ヴァイブの殿堂
  6. PROFILE
  7. BLOG
  8. BBS
  9. LINK

おすすめ情報