本文へスキップ

ダイキチ☆デラックス〜音楽,本,映画のオススメ・レビュー

処刑ライダー THE WRAITH

[監督]マイク・マーヴィン [出演]チャーリー・シーン、ニック・カサヴェテス、シェリリン・フェン  1986年

全米のヤングを興奮させてデス・バトル・アクションがやってくる

 アメリカのド田舎、アリゾナでは、ニック・カサヴェテスが率いる「ロード・パイレーツ」が、イカス車にカーチェイスを仕掛け、勝ったら車はイタダキよ〜んと大暴れ。そんな街に、一人のイケメン、チャーリー・シーンが現れた。かつて恋人を殺されたシェリリンは、傷心も忘れてチャーリーにメロメロ。シェリリンに首ったけなニックは「俺のモノにならなきゃ、ぶっ殺すぞ」と迫るが、相手にされない。ハートブレイクなニック達の前に謎の黒い車、ターボ・インターセプターが出現。女に乗れなきゃ車に乗るぜってんで、ターボにカーチェイスを挑むが、返り討ちにあって手下達は次々と事故死。ターボに乗っているのは全身黒ずくめ、何故かヘルメットをかぶった謎の男。彼は、ロード・パイレーツを次々と血祭りに上げ、最後の一人になったニックに迫る……。

 これぞB級映画の王道を行く作品。何にも考える必要なし。難解度ゼロ。なんて単純明快なストーリー。「謎のライダーの正体は?」なんて考えながら見てる必要はまったくない。て言うか、車に乗って来るんだから『処刑ドライバー』じゃないの? 当時はまったく無名のチャーリー・シーンが主演、他の俳優も知らない顔ばっかり、監督の名前も聞いたことがない典型的なB級映画なのですが、アクションあり、カーチェイスありで、見た後には何も残らないという、ほろ酔い加減で見るには最適の映画です。しかし、黒ずくめで復讐に現れたって、やられる方にしてみれば、ただの黒服のキチガイレーサーに殺されたと思うだけで、「地獄の底から蘇ったぜ」みたいなことで相手をビビらせ、自分の罪を自覚させなければ、本当の復讐にはならないのではないかと思うのだが、いかがでしょうか。まぁ、そんな細かいことを考えながら見る映画じゃないんですけれど。

 しかし、こういう映画こそ、まさに夜のオトモ、うなぎパイな作品なんである。レンタルビデオ屋というのは、本来、こういう映画で飯を食うべきなのだ。レンタルビデオなんて、もともとはポルノが発祥なんだから、ついこの間まで劇場公開していて、しかも客もそこそこ入っていたような話題作が何十本も並べられているような店はダメです。そして、そんなソフトをカップルや親子連れがニコニコしながら借りていく現状は不健全である。夜中に小さい子供を連れてレンタルビデオ屋に来ている一家というのは見苦しくって仕方がない。そんな時間は寝かせておけよ。昔の映画とか誰も知らないようなB級作品を、何もすることがないオタクどもが夜中に見るために、こそこそと借りていく。こういう寂しげな、はかなげな、哀しげな風情こそレンタルビデオ屋のあるべき姿である。文化というものは、そういう風にして棲み分けられてこそ、いろんな花を咲かせられるのではないでしょうか。



メニュー

  1. トップページ
  2. 特選名曲
  3. 特選名著
  4. 特選名画
  5. ヴァイブの殿堂
  6. PROFILE
  7. BLOG
  8. BBS
  9. LINK

おすすめ情報