本文へスキップ

ダイキチ☆デラックス〜音楽,本,映画のオススメ・レビュー

ウルトラマン・決戦ミュージックファイル

[音楽]宮内国郎、冬木透、日暮雅信  1995年発売

燃える!ウルトラマン・サントラの決定版!

 永遠のウルトラシリーズのバトル・ミュージックを集めたコンピレーション・アルバムです。主題歌のテレビバージョンも聞ける、血沸き肉踊るマニアのマスト・アイテム。どの曲取っても名曲です。ウルトラ兄弟の雄姿が鮮やかに蘇りますよ。特に『帰ってきたウルトラマン』以降は、固定された演出パターンに合わせて、防衛軍の戦い〜ウルトラマン登場(変身、登場シーンのSEが嬉しい!)〜ウルトラマン苦戦〜ウルトラマン勝利という流れで収録されているので、ドラマを追体験しながら聞けます。

 個人的には『ウルトラマンタロウ』のBGMを聞けたのが嬉しかったですね。ウルトラシリーズは冬木透の曲ばっかり重視されて(そりゃ、そう扱われて当然の実績があったからですけど)、異色作であるタロウのBGM(担当は日暮雅信)は、なかなか聞けなかったですからね(主題歌はシリーズ屈指の人気を誇るんですが)。あの現代音楽丸出しのタロウのBGMも含めて、カーステで聞いたりなんかしたらアドレナリンの大量分泌!でアクセルぐいぐい踏んじゃうので要注意。とにかく名盤です。ウルトラシリーズのBGMは、それぞれ単品でCDになっています(しかも複数出ています)が、まぁ、そこまで揃えるほどじゃないなという、ほどほどのマニアさん、オーディナリー・ピープルの皆さんにはピッタリのお徳用アルバムです。

 オタクとしては、『ウルトラファイト』のコーナーを設けるくらいなら(どうせ流用曲ばっかりなのだから)、聞く機会の少ないタロウのBGMを、もっと増やしてほしかったと思いますねぇ。それと、『ザ・ウルトラマン』『ウルトラマン80』の曲も収録してほしかった。音楽を宮内國郎と冬木透という、シリーズを支えた二人が担当しているというのに、放映時期が離れている(いわゆる「第3期」)から、前者についてはアニメだからという理由で、随分と冷遇されていますからねぇ。3期という分け方は、平成シリーズとの間に挟まれて、ものすごく損なんですよ。今後、各種媒体で取り扱うときは、「昭和シリーズ」で一括りにしてほしいものです。

 あ、例によって例のごとく、『帰ってきたウルトラマン』主題歌だけは、権利関係から収録されておりません(カバーバージョンすら収録していないのは潔いと言うべきなのかどうか……)。こういうのを「画竜点睛を欠く」と言うのですが、後に単品CDを作るときには権利関係が整理できたらしく、めでたくオリジナルの団次郎歌唱バージョンを収録できたそうです。なんか複雑ですな。て言うか、腹が立つじゃないですか、そんなの。1曲のために単品の方も買えってことかよ。くそぉ、商売上手になってきたやないか、VAPめ。俺は買わんけどな。乗せられたりするもんか!