本文へスキップ

ダイキチ☆デラックス〜音楽,本,映画のオススメ・レビュー

Our Love to Stay  2004年(シングル)

煌びやかでゴージャスなジャジー・ポップ!

 大阪府出身のAYA(ボーカル)とFuming(ピアノ。この人がリーダー)、東京都出身のTamotsu(ベース)のデビューシングル。1997年、大阪でFumingとAyaにより結成。上京後、Tamotsuが加入し現編成となる。見たことも聞いたこともないユニット&曲やったけど、オシャレなジャケット・デザイン(こういうセンスを、めちゃめちゃ買うのです、私は)に惹かれて聞いてみたら、ぶっとび〜(←古い)。よくジャケットの良い物は中身も良いなんてことを言いますが、これは正にそんな1枚。ジャケ買い(私の場合“ジャケ借り”ですけどね)ってのはバカになりませんよ。

 いやぁ、これはすごいぞ!「MAKE UP JAZZ & POP NEW STYLE!」ってことで、古きよき時代の懐かしいスイング・ジャズとポップスの華麗なるアウフヘーベン!ノリノリでゴージャス!流麗なメロディ・ライン!日本語の美しさを生かしきった詞(なんと、いまどき日本語しか使われてない)!伸びやかで透明感抜群のボーカル!あぁ、これぞ完璧、文句の付け所なし!非の打ち所なし!こういう曲がヒットチャートを賑わさない日本の音楽シーンというのは狂っている。とにかく、ここまでの完成度を見せ付けられると、私ごときが言うことなど何もありません。聞けば分かります。10年に一度の名曲です!今まで知らなかったことを大いに恥じるね、私は。さぁ、これを聞かずにいるなんて、人生大損でっせ!

 実際、まったく表舞台に上がってきてないけど、こういうユニットこそ、キチッと評価し、大事に育てなければいかんと思うぞ!……と意気込んでいたのだが、2008年5月6日、渋谷7th FLOORでのライブを最後に活動を停止(本人達曰く「卒業」)してしまった……私が褒めると、これだもんなぁ……このデビューシングルは、結局アルバムに収録されないままに終わっちゃったし。すごく悲しい。